読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ•ヒーリングクラブ

人生の疲れを癒していただきたいブログ

誠実に生きている人間は一切の恐れがない

日本は太古の昔から太陽信仰がありました。

古事記によれば太陽を神格化した神は

天照大御神

言わずと知れた皇室の祖とされる神。

神話にもとずく天皇家のご先祖様ですね。

古事記は冒頭から理解することが難しいのですが

日本人ならこの日本列島がどのようにして

出来たかは理解したいものです。

私たちは、悠久の彼方から太陽を崇めて

月を崇めて生きてきた民族です。森羅万象。

針供養、人形供養、刃物供養などなど

世界で唯一。

物にも魂があることを理解している民族。

「誰も見ていなくてもお天道様が見ている」

おてんとうさまとは太陽のことです。

だから、誠実に生きなくてはいけません。

また、誠実に生きている人間は

一切の恐れも不安もないのです。