読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ•ヒーリングクラブ

人生の疲れを癒していただきたいブログ

こどもを育てるということの意味

子供が思春期になってからというもの

子育てがとても苦しくて辛かった。

「私たちの人生は生まれるまえから
 DNAにプログラムされている」

そして、この言葉に救われた。

子供は神様からの授かりものではなくて

神様からの預かりもの。親の所有物ではない。

社会の一員として役立つようになったら

社会に返す。親の役割は終る。

子供は親の希望どおりにならない。

どこの学校に進学するのか。どんな仕事をするのか。

どんな人と結婚するのか。どんな病気をするのか。

犯罪者になるのか。ならないのか。

DNAにプログラムされている。

未来は親が変えようとしても無駄だ。

ということは子供の人生は親の育て方の

結果ではないということだ。

親はただ子供を見守り、無償の愛を十分に

与えてあげるだけで良い。

子供の未来を心配する気持ちと、未来を不安に思う気持ちが

心配と不安を引き寄せていたのだ。

今、子育てに苦しんでいるお父さん。お母さん。

子供の未来は既に決まっています。

愛情だけをたくさんたくさんそそいでであげてください。