読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ•ヒーリングクラブ

人生の疲れを癒していただきたいブログ

引き寄せの法則 とは


近年、引き寄せの法則は浸透されてきていますが、

原点を理解しないと、なかなか引き寄せられません。

「強く願う」は「叶わないかもしれない?」と

無意識に思っているということになります。

例えば、オリンピックで金メダルを期待された

選手が、強く願えば願うほど叶わないことがあります。

そこには「もしかしたら叶わないかも?!」という恐怖心があります。

例えば「お昼にあの店のラーメンが食べたい」という時は

強く願いません。必ず食べられることがわかっているからです。

そこには「もしかしたら食べることはできない?」

というような恐怖心は存在しません。

引き寄せの法則とは 私たちの気分と同じものを

引き寄せます。同じ気持ちのものを引き寄せます。

「人が想像できることは 人が必ず実現できる」

             ジュール・ヴェルヌ


鹿島建設のCMコピーとして引用されています。

 ラッシュのない都心

 車イスでどこにでも行ける世界

 ホタルが棲む渋谷



近未来に必ず実現できると思います。

ジュール ヴェルヌはフランス19世紀に活躍した

SF小説家で東京ディズニーシー

海底二万マイルの原作者として有名です。

ジュール・ヴェルヌが200年以上前に

想像したことは現代は当たり前になっている。

私は子供のころから近年まで想像したこと

希望したことがほとんど現実になっている。

これは偶然ではなく必然だと理解しています。

何が言いたいのか。

デジャブの仕組みを考えると宇宙の法則では

「存在していることしか人は想像できない」 

ということになるのでは?

「全てを受け入れたとき

   人は最も強くなれる」 荘子



私たちが生きている世界ではでは、ついている日も

あれば、ついてない日もある。「最近ついてないな...」と

感じている時は、やはりどんな言葉を

使ってしまったか反省をします。

そして起きてしまったことを全て受け入れる。

「なんで私だけがこんな目にあうの!」と、思ってはいけない。

自分が原因なのだから。また、忙しい日々が重なると

心のゴミが溜まってくる。

そんな時は不要な情報(TV、PC、スマホなど)

から離れて、自分と向き合うことで心のゴミが空になる。

そして「最近ついてるな」に変わります。

大切なことは何が起きても全て受け入れることです。

何が起きても。どんなことも。受け入れる。

嫌なことがあった日こそ眠る前に

「今日も一日とても幸せでした。ありがとうございます」

と、声を出して唱えてから眠ると

嫌な気持ちはその日でリセットされます。

諸行無常」ブッタ


ブッタは自身の死の訪れを悲しんでいる弟子たちに

「人が生まれて死に至るのはこの世の自然な流れの

一部なんだよ。何も悲しむ必要はない。」と

慰めたと伝えられています。

諸行無常とは私たちが生きている世界で何ひとつ

変化をしないものはない。と言う意味です。

万物はみな斉しく、そして変化するのです。

小石に至っても、1000年2000年と時が

過ぎれば、変化します。

私たちは、大きな流れの中にいて一刻一刻と

変化し続けています。

日々老化して死を迎えることは自然の流れです。

流れに抗えば抗うほど苦しくなります。

変化も老化も死も全て受け入れた時に楽になる。

私たちはオールのない舟に乗って流されている。

流れに逆らうと舟はものすごく揺れて

転覆してしまう。流れに身を任せて逆らわず流されて

美しい景色を観て楽しく人生という舟旅を楽しもう。

私たちが生まれる前に人生はDNAにプログラム

されているらしい。DNAを調べればいつ、どんな

病気になるのか、いつ人生が終るのか分かるらしい。

だから、何も怖れることは見当たらない。

大切なことは毎日を楽しく気分良く生きることだ。

今日を今を生きることがとても大切だと思う。

死ぬ日が決まっているということは、死なない日は

何が起ころうと死なないということだ。

例えば、飛行機が墜落しても助かる人もいる。

死ぬ日は何がなんでも死ぬ。

だから、何も怖れることは見当たらない。

不安も心配も無用。

死ぬ日はどんなに抵抗しても死ぬのだ。仕方ない。

DNAはどこから来たのだろう?

イギリスのフランシス・クリック博士は

パブでリラックスしながらスコッチを

楽しんでいた時。いきなりDNAの

二重螺旋構造が降りてきたと語られている。

その後、1953年科学雑誌Natureに投稿した論文は

1962年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

昔から知られていた「遺伝」を科学的現象であると

決定づけた。たった63年前に発見されたDNA。

人類が誕生したのは約6500万年前といわれていますが

そんな昔からDNAが存在していたと考えると

本当にDNAはどこから来たのだろうか?f:id:riri2020:20160624102804j:plain

「宇宙にあるすべてのエネルギーは振動している」

これは須藤元気さんが語った

「言葉の振動数は低下して物質化する」

と、いうことになります。

自分の口から出た言葉は実現するので

無意識に言っている口癖は意識する必要があります。

例えば「金がない」が口癖ならいつもお金はありません。

「めんどくさい」はめんどくさいことばかり起こります。

「嫌だ」は嫌なことばかり起こります。

そしてなにげなく連発する言葉「うらやましい」

は「うらやむ」の形容詞です。

「うらやむ」を辞典で調べると

「自分が他人ほど恵まれていないことを

不満に思う。 または、恨めしい」という意味です。

意味を知っている人が面と向かって言われたら

不快になります。そして言っている本人は

「不満に思うこと」ばかり起きます。

また「ありがとう」が口癖なら

ありがたいこと感謝されることばかり起きます。

「うれしい」が口癖なら、

うれしいことばかり起きます。

宇宙の法則は公平ですね。

苦しい時、誰かが言ってくれた言葉に救われることがある。

誰かに言われた言葉に傷つくことがある。殺意まで抱くことがある。

「言葉の振動数は低下して物質化する by 須藤元気さん」

今日から言葉を意識してみてください。